粗大ゴミの引き取り

粗大ゴミ回収費用について。

私は昨年末に不要となりました数多くの粗大ゴミを不用品回収業者に依頼して引き取ってもらいました。その時のことについてお話します。粗大ゴミには洗濯機、冷蔵庫、扇風機、加湿器、コンポなどの家電製品から、洋服タンス、和式タンス、リビングテーブル一式、学習机、パソコンラックなどの大きなものが数多くありました。私は不用品回収業者に連絡して粗大ゴミの処分費用の見積もりをしてもらいました。実際に不用品回収業者の担当の方が見に来てくれて見積もりをしてくれました。そして粗大ゴミ回収費用の見積もり額は120000円となりました。ただこれ以上の不用品があった場合はトラックに積むことが出来ないと言われましたので、細かな不用品は自分で処分することにしました。

不用品の処分について。

そして私は大きな粗大ゴミは不用品回収業者に依頼することにして、細かな不用品は自分でゴミを分別して決められたゴミの日に少しずつ捨てて行きました。細かな不用品には本、雑誌、食器、衣服、布類など数多くありましたので、大きなポリ袋を買って来て不用品を分別してポリ袋に入れて捨てて行きました。毎日5〜6袋から多い時で10袋近くなった時もあり、ゴミ捨ての際はとても大変だったことが今でも思い出されます。そして私は約一ヶ月近く掛けて細かな不用品を捨て、残りの大きな粗大ゴミを不用品回収業者に引き取ってもらうことになりました。作業は約3時間程度で終わりましたが、思っていた以上に粗大ゴミの量が多かったためトラックにギリギリで積めることが出来ました。